一 はじめに

 国民の皆さま、国会議員の皆さま、菅直人です。このたび、国会の指名により、内閣総理大臣の重責を担うこととなりました。国民の皆さまの期待に応えるべく、力の限りを尽くして頑張る覚悟です。

 ■信頼回復による再出発

 長きにわたる閉塞状況を打ち破ってほしい、多くの方々が、この強い思いにより、昨年夏、政権交代が実現しました。しかしながら、その後、「政治と金」の問題、さらに普天間基地移設をめぐる混乱などにより、当初いただいた政権への期待が大きく揺らいできました。私も、前政権の一員として、こうした状況を防げなかった責任を痛感しています。鳩山前総理は、ご自身と民主党の小沢前幹事長に関する「政治と金」の問題、そして普天間基地移設問題に対する責任を率直に認め、辞任という形で自らけじめをつけられました。

 前総理の勇断を受け、政権を引き継ぐ私に課された最大の責務、それは、歴史的な政権交代の原点に立ち返って、この挫折を乗り越え、国民の皆さまの信頼を回復することだと考えております。

 ■「草の根」からの取り組み

 私の政治活動は、今をさかのぼること30年余り、参議院議員選挙に立候補された市川房枝先生の応援から始まりました。市民運動を母体とした選挙活動で、私は事務局長を務めました。ボランティアの青年が、ジープで全国を横断するキャラバンを組むなど、まさに草の根の選挙を展開しました。そして当選直後、市川先生は青島幸男さんとともに経団連の土光会長を訪ね、経団連による企業献金の斡旋を中止する約束を取り付けられたのです。この約束は、その後骨抜きになってしまいましたが、まさに本年、経団連は企業献金への組織的関与の廃止を決めました。「一票の力が政治を変える」。当時の強烈な体験が私の政治の原点となりました。政治は国民の力で変えられる。この信念を胸に、与えられた責任を全うしていきたいと考えております。

 ■身一つでの政治参加

 私は、山口県宇部市に生まれ、高校生のとき、企業の技術者だった父の転勤で東京に移りました。東京ではサラリーマンが大きな借金をしないと家を買えない。父の苦労を垣間見たことが、後に都市部の土地問題に取り組むきっかけとなりました。大学を卒業後、特許事務所で働きながら、市民運動に参加をいたしました。市川先生の選挙を支援した2年後、いわゆるロッキード選挙で初めて国政に挑戦をいたしました。初出馬の際には、論文で、「否定論理からは何も生まれない」、「あきらめないで参加民主主義をめざす」と題して、参加型の民主主義により、国民の感覚、常識を政治に取り戻すことが必要だと訴えました。3度の落選を経て、1980年に初当選しましたが、議員生活はミニ政党からのスタートでした。民主党の国会議員の仲間にも、私と同様、若くして地盤も資金もない身一つで政治の世界に飛び込んだ人たちがたくさんおられます。志をもって努力すれば誰でも政治に参加できる。そういう政治を創ろうではありませんか。

【関連記事】
菅首相のスーツ袖にタグ あわただしく新調か
「大バカ」火消しに躍起 首相が官僚ヨイショ
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離

<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
民主党支持率「V字回復」は自己否定ではないか(産経新聞)
橋下知事「選挙で戦って、政治的に動かす」(産経新聞)
塩酸漏出 化学工場で8人やけど 千葉・市原(毎日新聞)
[PR]
# by nfv07dhgwz | 2010-06-16 19:29
 鳩山由紀夫首相は1日昼、家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫に対するワクチン接種費用について「基本的に相当程度、国が負担を持つことは当然だ」と述べ、一定程度国庫で負担する考えを示した。視察先の宮崎市内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕口蹄疫「万全の措置取る」=鳩山首相
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
感染判定は「今週がめど」=優良種牛5頭の口蹄疫検査
宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る

伸子夫人、菅新首相に「ご愁傷さま」(スポーツ報知)
塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)
新首相動静(6月4日)(時事通信)
「猫の目」教員免許、先読めず現場困惑(読売新聞)
<官製談合>宮崎前知事の公訴棄却 最高裁決定(毎日新聞)
[PR]
# by nfv07dhgwz | 2010-06-07 20:13
 人の皮膚や胃の細胞に3種類の遺伝子を導入し、肝臓の幹細胞を作成することに、国立がん研究センターの石川哲也室長(幹細胞生物学)らのチームが初めて成功した。体外で安定して増やすことができ、医薬品の毒性検査などに利用できると期待される。6月に開かれる研究会で発表する。

 成人の肝臓細胞は、体外で培養してもほとんど増やすことができない。また、あらゆる細胞に分化する胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、安定して増える肝臓幹細胞を作ることに成功した例もなかった。

 石川室長によると、市販の皮膚細胞や日本人ドナーの胃の細胞にウイルスを使って遺伝子を導入。3〜4週間後、幹細胞や肝臓で作られる特有のたんぱく質をつくる遺伝子が機能していることを確認した。約200日間、安定して培養でき、凍結保存して再び増やすことにも成功したという。

 肝臓は、体内に入った薬物を解毒するなど多様な働きをしている。新薬を開発する際、肝細胞を使って解毒できるかどうかを調べれば、臨床試験の前に副作用の有無を確認でき、開発費用・期間を大幅に削減できる。また、B型・C型肝炎のウイルスを細胞に感染させ、新薬の治療効果を見るなど、抗ウイルス薬や高脂血症薬の開発にも期待される。【須田桃子】

【関連ニュース】
抗がん剤:セツキシマブ投与で2人死亡 副作用か…厚労省
高額療養費制度:改善を…厚労相に要望書提出
子宮頸がん:ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原
卵巣がん薬:報酬見直し 患者の声で中医協
がん治療:ペプチドワクチン療法 先進医療に承認…厚労省

中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)
ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
「威嚇航行する艦隊の野望」 もはや東シナ海は安全ではない(産経新聞)
殺処分に向け、口蹄疫ワクチン接種開始(読売新聞)
H2A 打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離(毎日新聞)
[PR]
# by nfv07dhgwz | 2010-05-28 20:28
 前原誠司沖縄担当相は14日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題について「地元には賛否両論ある。5月を越えてでもお願いを続けていくのは大事だ」と述べ、移設先の地元との調整が6月以降も続くのはやむを得ないとの認識を示した。
 同時に、米側や与党との協議に関しては「すべての話が継続しているのは決着とは言わない」として、5月中の合意を目指すべきだとの考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

在日米陸軍 司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
<特別背任>PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決(毎日新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
廃棄物業者を逮捕 8400万円資産隠し疑い 大阪地検(産経新聞)
<平塚競輪場>事業撤退の補償金、鎌倉市に支払い命令(毎日新聞)
[PR]
# by nfv07dhgwz | 2010-05-20 11:35
 鳩山由紀夫首相は6日、米軍普天間飛行場の移設先について「最低でも県外」としていた自身の発言について「努力をしたいという思いで今日まで行動してきた。場当たりな発言は一切していない」と述べ、公約ではなく努力目標であるとの認識を示した。「約束とかそういうことよりも、言葉の重さは認識している。責任を果たそうと行動している」とも語った。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は4日の沖縄県訪問の際に、「すべてを県外というのは難しい」と述べ、これまでの発言を撤回していた。

 一方、首相は「5月までに決めますと申し上げているから、それを変えるつもりは全くない」と述べ、改めて期限通りの決着に意欲を示した。また、首相は6日、沖縄を再訪問する考えを固めた。沖縄が本土復帰した日にあたる15日の訪問が念頭にあるとみられる。

【関連記事】
「余計な言葉」があふれ出ている
首相はリーダーとして落第 松沢知事が猛烈批判
首相の「努力目標」発言は詭弁 大島氏が批判
故鳩山一郎元首相の墓に黄色い塗料 東京・谷中霊園
石破氏が普天間問題で「移設の自民党案つくるべき」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

皇居で大綬章親授式 春の叙勲(産経新聞)
<普天間移設>首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
<訃報>藤井秀樹さん75歳=写真家(毎日新聞)
警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中(産経新聞)
「黒澤明記念館」建設を事実上断念(読売新聞)
[PR]
# by nfv07dhgwz | 2010-05-13 01:13
←menuへ