反射鏡70台、太陽を追う 三鷹市(産経新聞)

 太陽熱を従来より効率的に集められる先端技術を用いた施設「ビームダウン型太陽集光装置」の実証実験が4月から三鷹市で始まる。環境学習の場として提供するとともに、新技術の開発による産業活性化を図るため、同市とNPO法人三鷹ネットワーク大学、装置を開発した三鷹光器がパートナーシップ協定を結んで準備を進めてきた。

 市が事業用地として有償提供した同市新川の市営住宅跡地に、太陽を追尾する楕円(だえん)型の反射鏡(ヘリオスタット)約70台がずらり並んだ。太陽光を鏡の2カ所で集光できるビームダウン型は世界初で、1500度の高温が得られるという。最新技術を実地に見学できる環境学習の場にすることで、地球規模のエネルギー問題について考える機会を提供する。

 市企画経営室では「環境学習プログラムを通じ、広く市民や児童、生徒の環境問題と新エネルギーの理解増進に取り組みたい」と話している。

養殖の被害甚大 三陸 損失額算定急ぐ(河北新報)
過大報酬、弁護士を懲戒処分=業務停止4カ月−愛知県弁護士会(時事通信)
<山下清展>放浪中の日記なども公開 堺で開幕(毎日新聞)
経済関係の強化で一致=ラオス大統領と会談−鳩山首相(時事通信)
恐竜絶滅の原因は天体衝突 国際研究で裏付け(産経新聞)
[PR]
by nfv07dhgwz | 2010-03-08 19:22
←menuへ