地元調整「6月以降も継続」=米との合意は今月中に―普天間問題で前原担当組(時事通信)

 前原誠司沖縄担当相は14日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題について「地元には賛否両論ある。5月を越えてでもお願いを続けていくのは大事だ」と述べ、移設先の地元との調整が6月以降も続くのはやむを得ないとの認識を示した。
 同時に、米側や与党との協議に関しては「すべての話が継続しているのは決着とは言わない」として、5月中の合意を目指すべきだとの考えを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜

在日米陸軍 司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
<特別背任>PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決(毎日新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
廃棄物業者を逮捕 8400万円資産隠し疑い 大阪地検(産経新聞)
<平塚競輪場>事業撤退の補償金、鎌倉市に支払い命令(毎日新聞)
[PR]
by nfv07dhgwz | 2010-05-20 11:35
←menuへ